国内会議

  1. Young Scientists Meeting on Statistical Physics and Information Processing 2010 (YSM-SPIP 2010)”
    日時・開催場所:2010年3月、東京工業大学
    特定領域DEX-SMIに関わった若手有志による研究会。通常の研究会では出来ないような、
    濃密な議論を通じてお互いの研究をより深く理解することを目的とした会。
    広く統計物理・情報科学から若手研究者・学生の参加者を募集。
    主催者として企画・開催に携わった。

  2. Young Scientists Meeting on Statistical Physics and Information Processing 2011 (YSM-SPIP 2011)”
    日時・開催場所:2011年3月、大阪大学
    上記研究会の2011年版。参加人数を拡充して東京で開催する予定であったが、
    東日本大震災により大阪での縮小開催を余儀なくされた。主催者として企画。

  3. 基研研究会「情報統計力学の最前線-情報と揺らぎの制御の物理学を目指して-」
    日時・開催場所:2012年3月、京都大学 基礎物理学研究所
    上記研究会の理念のもと、より広い範囲での相互交流を目指し、基研での研究会を提案し採択されたもの。
    統計物理・情報科学・量子情報・生命情報などから参 加者を広く募集した。
    開催組織委員の一人として企画・運営に参加。
    事前登録参加者数が60名程度、総参加者は80名以上。
    会議録: 全体 前書き 口頭講演 ポスター講演

    国際会議

    1. 基研研究会“Frontier of Statistical Physics and Information Processing−Perspective from Nonequilibrium Behaviors−”
      日時・開催場所:2013年7月、京都大学 基礎物理学研究所
      2013年に開かれる統計物理学の世界的国際会議Statphys25に合わせ、
      YSM-SPIPシリーズの理念の元、統計物理・情報科学・生命科学の
      そ れぞれの領域で活躍する若手研究者を世界的に募り徹底した議論を行う
      サテライト会議を企画。
      開催組織委員の一人として、会議運営に携わった。

    2. International Meeting on “High-Dimensional Data Driven Science” (HD3-2015)
      日時・開催場所:2015年12月、メルパルク京都
      新学術領域研究「スパースモデリングの深化と高次元データ駆動科学の創成」主催の国際会議。
      会議録(査読有りプロシーディングス)のEditor-in-Chiefとして運営に関与。
      プロシーディングスはIOPのJournal of Physics: Conference Seriesより出版された。

    3. International Meeting on “High-Dimensional Data Driven Science” (HD3-2017)
      日時・開催場所:2017年12月、メルパルク京都
      新学術領域研究「スパースモデリングの深化と高次元データ駆動科学の創成」主催の国際会議。
      会議録(査読有りプロシーディングス)のEditorとして運 営に関与。
      プロシーディングスはIOPのJournal of Physics: Conference Seriesより出版される予定。